トップページ > ブログ > ご報告 GWボランティア企画の大成功について

ご報告 GWボランティア企画の大成功について

GW中3回に亘ってボランティア募集枠を満杯にし、総勢45名で牡鹿半島竹浜の牡蠣養殖の仕掛けづくりを精力的に手伝った。竹浜では「がれき撤去的なボランティア」としか接触したことがなかったようだが、家の商売道具である養殖の仕掛けを真剣かつ正確に造る我がトラベル東北のボランティアの「力」に驚いた。6日の午後、最後のバスが石巻駅に向かった後私は少し残って後藤夫妻と立ち話をしたが、お二人の表情やお言葉は感謝と感激に溢れるものだった。ご参加の皆様、本当にお疲れ様!

被災地でつくった「縁」を、帰宅後も大事にし、被災者一人一人を応援して行く「応援ネットワーク」を形成することがトラベル東北流です。後藤家のオフィシャル・サイトである「後藤家の食卓」(http://hifactory.shop-pro.jp/)では、牡蠣貝を中心とする家の商品が注文できる。また、後藤家の食卓FBhttps://www.facebook.com/ishinomakikakiでは、メッセージ交換をしたり、家の近況をフォローしたりすることができる。

いつものことですが、今回も我がツアーに参加して下さった方々の「質」や「真剣み」に圧倒された。その都度こんなにいい人達が集まるって、私たちトラベル東北は本当に恵まれている。男女のバランスは丁度半々ぐらいで、30・40代を中心に中学生から昭和21年生まれの方まで仲良く協力しながら働いた。日によって違ったが、焼き牡蠣や牡蠣汁が出たり、船に乗るチャンスが訪れたり、絶景スポットで昼寝したり、様々な「おまけ」や「サプライズ」があった。

特に関根健さんにお礼を言いたい。関根さんは今回、何と3回とも参加なさった。今までの参加回数は合計13回で、リピータの多い我がツアーの参加者の中でもダントツ1位だ。当社のやり方と仕事のやり方を覚えきっていることを活かし、ボランティアの「班長」的な存在になってきた。社長として、非常に心強い存在だ。

【次回予告】

予想外に、ぎりぎりになって今週末5月11~12日のボランティアツアーを実施することが決まった。今回は関根さんの紹介で、竹浜の近くにある狐崎漁港で同じ牡蠣養殖関係のお手伝いをする。募集枠はまだ余裕があるので、遠慮なくギリギリでもお申込み下さい。

GWの結果について、私は非常に嬉しかった。ボランティアがいっぱい来たし、楽しかったし、大変役に立った。私たちが得意とする小さな漁村ではまだまだ応援のニーズがあるので、ボランティアツアーの流れが切れないように、今後ともよろしくお力添えを下さい。

トラベル東北代表取締役
山口 スティーブ

コメントを書く