トップページ > ブログ > スティーブ社長からの緊急アピール

スティーブ社長からの緊急アピール

昨日久しぶりに石巻市の牡鹿半島を訪れたら、地元漁協の後藤支部長に「人手不足で若芽の加工が大変遅れています。ボランティアに力を貸してもらえれば大変助かります」と言われ、ここで発表する企画をさっそく見立ててみました。

場所 石巻市牡鹿半島福貴浦漁港(昨年11月UBC3連棟の「番屋」を建てた竹浜から山一つを超えたところ)
日付 4月13日~14日 (一回のみ)
宿泊先 民宿 「瑞幸」
募集人数 8名 最少催行人数 3名
作業内容 若芽の加工のお手伝い
料金 ¥19,800

昨年11月の竹浜での企画は仙台からの貸切バスを利用したため料金は¥29,800だったのですが、今回は料金を低く抑えるためいくつかの工夫をしました。まず、仙台から石巻までの移動ですが、まだ復旧していないJR仙石線の代行運転をしている高速バス(料金片道800円、回数券利用で往復1,500円。30分に一本運行)をご利用いただき、土曜日の正午までに石巻駅に集合します。石巻駅からジャンボータクシーで現場に向かい、午後一番から作業を開始します。
5月のGWから、竹浜で後藤支部長の本業である牡蠣養殖のお手伝いを開始する予定ですが(近日発表)、若芽の収穫・加工が遅れて支部長を始め漁協の皆様が大変困っています。

少人数でもいいから、今回は何とか支部長の協力依頼に応えたいと思います。
民宿「瑞幸」は海鮮料理が人気で部屋を確保するのがやっとだったのですが、8名+当社スタッフしか収まりませんので「早いもの勝ち」状態です。
協力のお申込みを楽しみに待っています!


若布加工作業現場の様子↑


若布加工作業をしている竹浜の後藤支部長↑

お申込み・詳細はこちら↓
緊急特別企画 被災地応援ボランティアツアー 若布の加工作業を手伝おう! in 牡鹿半島

(株)トラベル東北
代表取締役
山口スティーブ

コメントを書く