トップページ > ブログ > スタッフブログ > 第2回四国お遍路二日目

第2回四国お遍路二日目

今朝も朝から晴天に恵まれ8時に出発。38番~43番、高知県から愛媛県までの長距離。
四国遍路は空海が始めたと言われている。空海にまつわる奇想天外な話しが多々ある。
昨日の三度栗の木もそうだが、本日の39番・延光寺では水不足に困っている村人の為に空海が錫杖(シャクジョウ)で地面を掘ると水が涌き出て来た。未だに水は枯れる事無く、その水で目を洗うと眼病が治ると言われるようになり、今でも目を洗いに来る方々があとを絶たないとか…参加者の方も目を洗ったら何だか老眼が治ったようだ(笑)と話してましたf(^^;
また、池で飼っていた亀が居なくなったが何日かして戻ってきたが、なんと背中に釣鐘を背負っていた(¨;)その釣鐘は今では国の重要文化財に指定されお寺に保管されているそうです。

今日は外国人のお遍路さんと出会いましたが、ガイドブックを片手に歩いてるそうです。
国境を超えての参拝はWhy?とたずねたかったが、英語が話せない…チャンチャン
四国遍路ガイドブックは江戸時代、僧真念によって「四国遍路道指南」として刊行され大衆化に貢献したとある。既にそんな時代から在ったんですね☆

最後に本日3月11日は東日本大震災からまる2年が経ちました。
四国八十八カ所、全お寺で供養の鐘がお遍路さん達によって鳴らされました。
亡くなられた方々のご冥福と一日も早い被災地の復興祈念をいたします。

阿部

コメントを書く