トップページ > ブログ > 社長ブログ > 牡鹿半島でテント村を準備

牡鹿半島でテント村を準備

5月17日、夜分遅く石巻市牡鹿半島の最南端である黒崎開拓に到着。「ケロちゃん」と呼ばれる緑色の日産キャラバンには草刈り機二機が詰まっている。機械を外に出して、スタッフの滝口君と車の中で一泊。

午前5時、目が覚める。東北に甚大なダメージを与えた太平洋に挨拶すべく、けもの道を下って人影のない岩浜に到達。波に叩かれて何千、何万、何億年の「ビーチ」は、バスケットボール大の「巨大砂利」に覆われていた。どこかから流れついた神社の赤い柱や梁が誰にも気づかれないまま打ち上げられて寂しそうに回収をいまでも待っている。

午前6時からは草刈り開始。6月4~5日初めて行う「被災地応援ボランティアツアー」のテント村を設営する牧草地の一番平たいところを選んで、半島の無数に生息する鹿も好んで食べる草を二人でもくもくと倒していく。

牡鹿半島には旅館・ホテルなど一件も営業可能な状態には残っていないし、食べ物も配給されるもののみで、お金があっても生活用品が買える店は一つも営業していない。この極めて生活しにくい環境に、より多くのボランティアが安心して貢献できるように、この「被災地応援ボランティアツアー」を考え出した。 

午前8時ごろ作業が終了し、初めて半島の北側の海岸線を走って女川方面に向かった。またも、想像を絶する被害状況。南方の海岸よりも、津波がずいぶん高かった感じを受けた。道路が完全に流された場所が多く、新鮮な砂利道を10tダンプの後ろでゆっくりと北東に走った。

女川原子力発電所PRセンター10km先・・5km先・・1km先」の宣伝看板に誘導されながら、ようやくそのあまりにも立派な資料館にたどり着いた。「こんなに金が余っているなら、より安全な施設に投資しろ」と怒りながら、「休館中」との表示板がついた頑丈そうなゲートを通り過ぎた。 

人口が少ない・貧困の多い東北の海岸は、原発産業のお世話になりすぎてしまったことは今になってようやくはっきりと見えるようになった。「なぐさめ予算」がほしいあまり、「原発の安全神話」を信じすぎたのではないか。復興までの道のりは長いが、他力よりも「自力」を強調し、「自分らしい」復興を果たしていただきたい。「自分たちがリーダーシップをとって復興を図る」という「人間復活」を意味する元気が出るように、毎週末行う予定のこの企画に参加する皆様と共に牡鹿半島の被災民を助け・激励していきたい。この趣旨にご賛同の方は、是非私たちトラベル東北のスタッフと手を携えて被災者の方々に力を貸そう。

1件のコメント

  1. 高田 茂
    2011年6月8日(水) 【返信

    6月4日〜5日牡鹿半島までの災害地応援ボランティアツアーに参加させて頂きました。短い時間でしたが、炊き出しから瓦礫の撤去・養鶏場の清掃支援といろいろな事ができて非常にいい経験ができました。

    ボランティア活動を行いたいとは思いつつも、なかなか敷居が高く
    感じていましたが、スティーブさん・スタッフのおかげで、微力
    ながらも被災地で困っている方のご支援ができたこと、感謝します。

    早速家族や会社の周りの人に、今回のボランティア活動について話
    をしました。一人でできることは限られていますが、少しでも多く
    の方に継続的な支援の輪が広がるよう、働きかけて行きたいと思い
    ます。

    行く前は自分自身、被災地の方とどのように接することができるか
    懸念していたところもありますが、被災地の方がみなさん普通に接してくださったおかげで、こちらも自然体に振舞うことができました。
    物理的に見て明らかに大変な状況であるにも関わらず、関東で地震が
    起きたらこっちが支援する方だからと、前を向いて生きようとされて
    いる逞しさを感じました。恐らく心の中では悲痛な思いをされている
    のでしょうが、差し入れを頂いたり、労をねぎらって頂いたりと、
    気遣いの心がひしひしと伝わってきて、本当に暖かい気持ちになれ
    ました。今回お会いした方々によろしくお伝え願います。

    また機会があれば是非参加したいと思いますので、その折はよろしく
    お願いします。

    本日メールで当日の写真を受け取りました。当日は初めて会った方達ばかりでしたが、写真を見て改めて、チームワークを発揮できたなと実感した次第です。

コメントを書く