トップページ > プラン一覧 > 季節外ツアー情報 > 2010年 > 戦国ロマン・小国城址トレッキング

戦国ロマン・小国城址トレッキング

商品情報

「戦国群像スペシャル」に当プランの小国城特集が掲載されました。

雑誌掲載

小国城の歴史

1580年、最上義光勢が数千人と言われる騎馬隊で山刀伐採峠を越え、赤倉温泉に近い万騎の原で小国領主 細川摂津守の数百人の兵士を壊滅させ、小国郷(現在の最上町)を支配下に置いた。同年、最上義光がこの万騎の原合戦で戦功が大きかった家臣 倉津阿波守(天童の蔵増城城主)に細川氏の元の領地を与えた。倉津阿波守が小国郷に送り込んだ息子 小国日向の守が戦国末期の技術を尽くして細川氏の居城を改築・改造したが、42年後の1622年、最上氏の家督権争いを機会に最上氏の領地が江戸幕府の命により大きく減らされた一貫として、小国城が取り壊され、殿様 小国日向守が九州鍋島家のお預けの身となった。以降378年、小国城址が生い茂った草木の下で静かにに眠っていた。

小国城 地図
小国城址の紹介
写真01 写真02 写真03
1)「要害の楯」から城山を眺める 2)お城山正面。殿様の専用道路 3)二の丸と本丸を区切る堀切
写真04 写真05 写真06
4)本丸の下段から本丸を見上げる 5)坂虎口に通ずる登り道 6)看板の当たりに門があったという
写真07 写真08 写真09
7)本丸から見た本丸の下段 8)本丸からは前森高原も見える 9)本丸から見た小国郷(最上町)
写真10 写真11 写真12
10)東屋から見た小国郷 11)東屋で振る舞う「殿様弁当」イメージ 12)お城山から下りてくるスティーブ

お城山には、戦争が絶えない時代に必死に行き延びようとした思いが見える形で刻み込まれている。この山に秘められているロマンをご案内します。

トラベル東北社長
山口 スティーブ

詳細情報

プラン名戦国ロマン・小国城址トレッキング
開催地山形県最上町
料金【日帰り】
大人:¥5,000
小人:¥4,000
【1泊2日】
大人:¥17,000
小人:¥13,000
※上記の料金は4~5名1部屋での料金になります。
2~3名1部屋の場合は料金がプラスになります。
実施日【日帰り・1泊2日】7月16日(土)~毎日
※除外日8/12~16
旅行日数日帰り・1泊2日
申込締切日【日帰り】各出発日の5日前
【1泊2日】各出発日の7日前
※申込締切後でも、お受けできる場合がございます。お気軽にご相談ください。
集合場所山形県最上町/最上駅
最少催行人数2名
料金に含まれるもの【日帰り】ガイド代・昼食弁当代・一服代
【1泊2日】ガイド代・昼食弁当代・一服代・宿泊代
支払方法ゆうちょ銀行へ振込(くわしくはこちらをご覧ください
取消料【取消料・違約金】
契約成立後、お客様の都合で契約を解除されるときは、次の金額を取消料として申し受けます。
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって
・7日にあたる日以降の解除 旅行代金の30%
・旅行開始日の前日の解除 旅行代金の40%
・当日の解除 旅行代金の50%
・旅行開始後の解除または無連絡不参加 旅行代金の100%
スケジュール12:00 最上駅集合

トレッキング開始

12:10 井戸の跡

腰曲輪郡

坂虎口

12:30~13:15 本丸見晴らし台で「殿様弁当」昼食

13:45 御前すず(清水)

14:00 見性寺内堀跡

14:15~14:30 手作りの館 久五郎(一服)
※一服場所は変更になる場合がございます。

14:40 要害の楯

15:10 代官屋敷跡

15:20 最上駅解散
※1泊2日プランで参加の方は最上駅より、瀬見温泉駅までJRを使って移動していただきます。その後瀬見温泉駅に旅館の車がお迎えに行きます。
備考歩きやすい服装・靴でご参加ください。
雨具(カッパ)は忘れずにご持参ください。

プランに関するお問い合わせフォーム

ご不明な点がございましたら以下のフォームよりお問い合わせください。

*は必須入力の項目となります。ご入力をお願いいたします。

お名前*
ご住所 (例:999-6101)
お電話番号 (例:0233-43-9077)
FAX番号 (例:0233-43-9088)
メールアドレス*
内容