トップページ > ブログ > 社長ブログ > 最上町の城山を全国にアピール!

最上町の城山を全国にアピール!

皆様、ご無沙汰。この数カ月はこのホーム・ページの立ち上げ、春・夏・秋の企画開発、手の込んだ「着たび」の実施、マスコミへの対応など、本当に信じられないほど忙しかった。長い留守、何とかお許し下さい。

今日の夜23:00から、スカパーのシアター・テレビジョン(チャネル262)で、「黒岩祐治の人材発掘」の枠の中で、私の最上町に対する思い、地方の置かれている状況に対する思い、そして具体的に我が町の「お城山」に対する思いを、30分の対談のなか話すチャンスをいただいた。もしよかったら、是非見て下さい。

一人だけの30分番組は、「人材発掘」にとっては前例がないそうだ。普通は、二人を15分ずつインタビューし、30分の番組に編集するそうだ。

 なぜ長くなったのか。それは、それなりの仕掛けをかけたからだ。「対談場所はお前決めろ」と黒岩さんに言われた時から、その段取りにかかった。長年はまっている最上町の「お城山」を舞台にしたいと腹を決め、先ずはその演出を考え始めまた。

放送日 放送時間
7月7日   23:00
7月8日   23:30
7月11日   18:30
7月14日   18:00
7月15日   23:00
7月18日   8:00
7月23日   6:00  23:00
7月24日   27:15
7月26日   23:00
7月27日   19:30

「お城山」の眺めは素晴らしいが、腐ったベンチしか座る場所がない。雨よけもない。「どうしよう」と悩んだところ、頭に雷が落ちた。「辻さんの東屋を、ここに建てよう!」と。

 辻さんとは天童市の元商工会専務理事で、フル・ネームでは辻輝彦と言う。5~10年前から素人でも組み立てられる竹の東屋を開発している。元東北電力マンで、白洲二郎の蔵王での別荘まで管理し、「山形蕎そば道」の開発者でもある貴重な存在だ。

私の真剣なお願いに応じ、本番の一週間前という極めてきつい日程の中で、辻さんとその仲間が対談収録の前日の午後3:00までに試験品の材料一式をかき集めお城山のふもとまで届けてくれました。

丁度荷降ろしをしているところで「人材発掘」のスタッフが到着し、撮影機を回し始めた。じわじわ集まってくる地元の応援者の皆さん、建材を背負って山を登り始める。20kgもする基礎石4個は、径10cmの杭で串刺しにして二人ずつ汗をかきながら上に運んだ。頂上では、地元の大工や土建業者が天童の開発者達から指導を受けながら組み立て始める。この作業は、奇跡的にも夕暮れまで完成した。最初から最後まで、このプロセスがレンズに納められた。次の日早朝、この出来立ての東屋で黒岩祐治さんとの対談が行われた。

最上町のお城山は、あまり知られていないが、保存状態が素晴らしく戦国時代の「生きるか死ぬか」という何とも言えない緊張感が未だに漂っている。その時代の激しさと儚さを来客に説明するのが、私の長年の夢の一つ。

 その夢が、思ったよりずっと早く現実になりそうだ。黒岩さんとの番組収録が終わった直後、2週間前ほどJRの旅行企画部から電話が入り、「秋物なにかないか」と尋ねられた。「私が案内するお城山ツアーはどうだ」と提案したら、JR側が「企画書を出してみろ」という返事が返ってきた。「やった!」と思い、さっそく企画に取り組み始めた。

企画の詳しい内容は後日このサイトで公開するが、「殿様弁当」の試作品ができたのでお見せすることとしよう。

「殿様弁当」は、木の箱に積んで提供するよていだが、どうしても蓋に焼き付けたい「殿様の家紋」について議論が収まらず、決定後紹介することとする。

 深い謎に包まれている「小国日向守」。「日向」という場所名は、現在の宮崎県に当たる「日向国」。最上家の「お家騒動」をきっかけに、取りつぶしにかかった徳川幕府の令により、小国日向守が「九州鍋島藩お預けの身」となったことは史実だが、「家紋」について以外と証拠が残っていない。

数年前川崎出身の「小国」と名乗る方が薩摩藩の『丸に十字』という家紋で飾った名刺を町内の関係者に配ったが、証明するのが難しく、地元の納得がまだ得られていないのが現状。

 しかし私が調べたところ、戦国時代末期には鍋島藩(佐賀県)も日向国(宮崎県)がいずれも島津氏の株組織に当たり、キリスト教を思わせる「丸に十字」を使ったなら不思議なことではない。

最上町の「小国城址」のふもとに、「きりしたん屋敷」があったという伝説もあって、弾圧を受けた九州のキリスト教の信徒たちが最上町に逃げ込んで身を隠していたことが十分想像できる。弾圧を受けた時代なら、「丸に十字」の家紋が徹底的に打ち消されたことも想像できる。

結論がでれば、弁当箱に蓋に焼き付けて、「お殿様弁当」が完成する。その私の思いの入った弁当を、竹の東屋で休みながら、殿様の見た眺めを楽しみながら、是非召しあがっていただきたい。

コメントを書く