トップページ > ブログ > 社長ブログ

社長ブログ

「震災から5年 被災地応援視察ツアー」 スティーブ社長の感想

resize_01

3月19日~20日、私を含めて総勢17名で被災地の懐かしいボランティア現場を見学してきた。参加者の多くはボランティアツアーのリピーターで、久しぶりに再会したことでこの五年のさまざまな記憶や思いでがよみがえった。被災者を助けよう、という単純で純粋な気持ちで結ばれた私たち。この不思議な縁は、素直で美しく、とても捨てがたいものです。

仙台駅で集合して、先ず向かったのは宮戸島の月浜。工事中の海水浴場をながめながら海の幸バーベキューをハングリーに食べたところ、あの「海坊主」たる小野仙一さんが現れた。小さな声で海苔養殖の復活を手伝ってくれた皆様へのお礼の言葉を述べたあと、自家製の海苔をさりげなく配って軽トラックで消えた。仙一さんは相変わらず照れやさんのようだね。

震災の年の7月、一番最初に手伝った里浜の尾形文秀さんも挨拶にきてくれた。超忙しい時期なのに、「皆さまがいなければ今の忙しさもない」と言ってわざわざ月浜にきてくれた。「手伝ってもらって当たり前」という被災者もいるけど、ボランティアから受けた恩を決して忘れない、尾形さんのような素敵な人もいる。

海の真ん前、何回もお世話になった民宿「山根」が、外壁を貼りかえって元気よく営業を続けている。2011年の秋から山根以外に「上の家」もがんばってきたが、その後浸水被害を受けた民宿二軒が営業を再開し、流された民宿一軒も再築された。震災前の民宿の数の三分の一にも満たないが、海苔産業に続いて観光産業も着実に回復に向かっている。

「月光」という海苔生産グループはボランティア活動2年目から手伝ったが、グループ補助金制度のおかげで2年前から立派な海苔生産工場が順調に回り、メンバー7人と従業員8人が安定した生活を送っているようだ。ボスの山内さんは留守だったが、若者たちが自慢げに工場を案内し、復興ぶりをアピールした。

高台移転先での新築住宅を見れば復興のスピードや勢いが大体分かる。月浜の場合、宅地造成が早く完成し、住宅工事もほぼ終わっている。いわゆる「復興公営住宅」は数軒あるが、ほとんどの家は建て主の思い入れの入った大きくて立派な家です。

野蒜海岸には、高い防潮堤が数キロも続き、海水浴場としての魅力を落しているが、月浜の海水浴場は「日本三景松島」の一部であるためこの運命を避けることができた。高さはわずか2メートル前後、勾配のゆるい、いわゆる「海水浴場型」の渡りやすい堤防は現在工事中ですが、進行具合から判断すれば今年の夏までに完成し、本格的な海水浴が楽しめそうだ。ボランティアツアーで大変お世話になった、海の真ん前にある民宿山根(http://www.k2f.jp/yamane/)に泊まるなら、予約を早めに!また、海苔のご注文なら、海苔生産グループ「月光」 (http://gekkoh7.info/374)にご注文下さい。自称「縄文人」の尾形文秀さんに会いたくなったら、Facebookを通して声をかけて下さい。

「見学が終わったら、バスで南三陸町志津川の「ホテル観洋」に向かった。被害がひどかった東松島市の矢本地区や航空自衛隊の松島基地を通り過ぎ、石巻市に入った。人命が沢山失われた門脇地区は高く伸びた草むらで広大な原っぱのような光景になっていた。足場の壁に包まれた門脇小学校は、記念物として残るか、残らないかを迷っているような感じだった。日和大橋の上からの眺めは、「生々しい」と言えるようなものは何も残っていないが、かと言って、「復興が進んでいる」という感じもしない。震災の後片付けが終わった、旧北上川の河口付近の広大な土地はどうするつもりだろう。結論が出るには、まだしばらく時間がかかりそうだ。

女川町は、狭い旧中心市街地の嵩上げ工事が進み、身の覚えのあるような特徴や地形はほとんど盛土の海に沈んでしまった。あれだけ高く見えた病院の敷地も盛土工事に囲まれて周りとの落差がどんどん小さくなってきている。

resize_02

著名建築士版茂によって設計されたJR石巻線の女川駅の新駅ビルは確かに素晴らしい。その中に入っている休憩場や温泉は、地元の方々にとってどれほどありがたいものか。駅前から百メートルほど海の方向に走る新しい商店街は、一流のデザイナーによって統一的に設計された、木材の温もりを活かした「やすらぎ空間」を上手に実現できた。地元に残った人々にとって「商店街機能」を果たすかどうかは別として、行政は行政なりに気を配り、「素敵なもの」を創ろうとしている努力も感じる。

翌朝バスに乗り、海の真上の絶壁に建っているホテル観洋から南三陸の志津川地区に降りた。女川町を超える、盛土工事の迷路。たどり着いた防災対策庁舎の屋根より、盛土の山々が高い。被災地を象徴するこの防災対策庁舎を記念物として残しても、上から見下ろすことになりそうだ。復興政策のさまざまな矛盾を痛感する、不気味な光景だった。

resize_03

志津川を二度と津波被害にあわせないという理念の下で進められている復興計画は、結果として志津川を殺すことにならないかと、心配してならないのだ。「安全・安心の新しい志津川」を約束されている市民は、もう既に5年間我慢して待っている。盛土工事を完成するには、現在元の低い地盤にある道路を順次計画地盤高まで持ち上げないといけない。道路網を上にもってくるのに、最低あと3年がかかると思う。うまく行っても、新しい中心市街地の骨格が見えてくるのは早くても5年先であろう。

今まで5年、これから5年。10年我慢しきれる志津川人は、何人いるだろうか。一旦、地元を離れた若者は、何人戻るだろうか。「人口を残す」という目的意識の薄い復興政策の結果、「安全・安心の幽霊の町」にならないようにと、切に願っている。

「さんさん商店街」で買い物した後、再びバスに乗って三陸道経由で石巻の牡鹿半島に向かった。牡鹿でのボランティアツアーでいつもお世話になっていた民宿「瑞幸」で昼食に刺身定食をいただいた。くじらの刺身はもちろん、海藻の吸い物も絶品だった。法事の仕出しで忙しかったマスターも、バスが出発するときに顏を出して挨拶してくれた。牡鹿半島で一番早く営業を再開し、建設作業員やボランティアを宿泊させながら地元住民のニーズにもしっかりと応えてきた「瑞幸」は、繁盛して当然だと私は思う。

瑞幸の後は東浜へ。「半島の半島」とも言える東浜には、竹浜や狐崎浜という懐かしいボランティア現場がある。狐崎浜には、牡蠣養殖業者の阿部政志さん、奥さん、おばあちゃんが待っていてくれた。ぷりぷりした蒸し牡蠣を大量に消費しながら、阿部さんの話しを聞いた。牡蠣養殖そのものが大分復活しているが、生活はいろんな意味で厳しい。岬に守られて、津波被害が割に少なかった狐崎浜だが、人口が半分以下に減り、浜は構造的な人手不足になっていること。多くのお友達が浜から離れ、寂しくなったおじいちゃんとおばあちゃんのこと。子育て世代が少なくなり、近くの小学校や中学校の存続が心配されていること。暗い話しの中で、いつも集落に希望の光を持ち込むのはボランティアだという。この日も、高校を卒業したばかりの若い女性が阿部宅に泊まり、毎日家の仕事を手伝っているそうだ。おじいちゃん、おばあちゃん
がどれだけ元気をもらい、どれだけ喜んでいることか。

resize_04

この状況は、すぐには変わりません。阿部家は、明るく生きていくために、ボランティアの力が必要です。「最少催行ライン8名」の当社のボランティアツアーは、もう成り立たないのだ。阿部家と縁のある方も、ない方も、時間がとれたら是非手伝いに行って下さい。阿部政志さんのFacebookを通して連絡がとれます。牡蠣のご注文も、もちろんどうぞ!

最後の訪問先、鮎川浜。震源地に一番近い町だが、復興が驚くほど進んでいない感じ。当社の一番最初のボランティアツアーは、2011年6月4~5日、この鮎川浜で行われた。電気もガス、水さえなかったときだ。キャンピングカーを中心に、テントを張ってボランティアの生命維持を図った状況。そこに、必死に一人で家の泥出しをしていたおじさんがいた。奥様は津波が怖くて鮎川浜に戻りたくないと言っていたようだが、旦那さんが何とか家をきれいにして奥さんを呼び戻したいという。その戦いに、私たちボランティアが加わった。

その家はどうなっているのか、旦那さんと奥様がそこで幸せに暮らしているのか知りたくて、5年ぶりその現場を訪れた。家があるはずの場所に、今では珍しい瓦礫の山。その当時手伝ったおじさんのことを心配し、現場に居合わせた解体業者に聞いた。「持ち主はどうなっているのか?なくなったのか?鮎川浜に住むのを諦めたのか?」

私の心配そうな顔を見つめながら解体業者が微笑んで答えた。「大森さんは鮎川浜にいるよ。山を買って、ログハウスを建てて、そこで奥さんと2人で元気そうに暮らしているよ」と。

「旦那さんの勝ちか、奥様の勝ちか。いや、二人とも勝ったな」と思い、ちょっと嬉しくなった。

帰りのバスの中で、この5年間の活動を振り返り、胸がじわじわと熱くなってきた。被災者やボランティア、支援者や協力者、どれだけ多くの素晴らしい人間たちと、どれほど素晴らしい縁を結べたのかと、一人一人の顔を浮かべながら思った。80回のボランティアツアーを実施した上での最初で最後の「視察ツアー」のつもりだったが、これで終わりにしたくないと、心の中につぶやいた。今回の旅仲間15名と抱き合いながらのお別れとなったが、「ここで終わりにしたくない」と思ったのは私だけじゃないはず。「トラベル東北被災地応援ボランティアツアー同窓会」のようなものは、あってもいいのではないか。アイディアや提案のある方、どんどん寄せて下さい。

この5年、いろいろな意味で、本当にありがとうございました。

(株)トラベル東北
社長 山口スティーブ

震災から5年 被災地応援視察ツアー

ご無沙汰しております。(株)トラベル東北の山口スティーブです。

80回も行った弊社の被災地応援ボランティアツアーに参加した皆様、本当にお疲れ様でした。皆様の力で多くの被災者が元気や活力を取戻し、着々と生活再建に励んでいます。

弊社のボランティアツアーは2015年6月から中断された状態ですが、震災から5年という大事な節目をきっかけに、復興に貢献した皆様と一緒に「復興の現状」を確認すると共に、懐かしいボランティア現場を訪れ、海の幸や三陸海岸の美しい景観を楽しみながら被災地の経済に貢献するツアーを企画することにいたしました。

なるべく多くの皆様が参加できるように、土曜日の午前11時仙台駅集合にいたしました。貸し切りバスに乗り、奥松島の宮戸島に向かいます。海苔養殖の復旧を手伝った月浜で浜焼きやカニ汁をごちそうになった後、「復興が早い」とされている宮戸島の現状を見て回ります。高台移転先への住宅の移転がほぼ完了し、新しい民宿も建っています。おなじみの漁師さんとも出会えるといいですね!

ボランティアツアーの際民宿泊まりが基本だったのですが、今回は被災地有数の大型旅館に泊まります。天皇・皇后両陛下が被災地視察の際ご利用なさった南三陸町の「観洋」です。露天風呂からの眺めや夕食の献立を楽しみにして下さい!

「観洋」に向かう途中、石巻を経由し、車窓から門脇地区や渡波の現状を確認できます。女川町にたどり着いたら一旦バスから降りて著名な設計師である伴茂がデザインした新しい駅舎(温泉あり!)や工事中の港町を自由見学します。

翌朝はバスに乗り現地の語り部にバトンタッチし南三陸町の中心部を案内していただきます。防災対策庁舎より高い盛土の山々は考えさせられる光景です。その足でよくテレビに出る「さんさん商店街」に立ち寄り、買い物をします。海産物は宅急便で全国どこにでも送れますので、思う存分買い物をし、漁師達の「財布の復興」に貢献します。

お昼前、三陸道経由牡鹿半島に向かいます。ボランティアの際いつもお世話になった民宿「瑞幸」でお昼(刺身定食)を食べたあと、ボランティア回数が多かった狐崎浜を見学します。当時お世話になった牡蠣養殖の漁師さんが迎え入れてくれます。採りたての牡蠣貝を食べさせてくれるのかな?楽しみにしていて下さい。

狐崎浜を出たあと、牡鹿半島の先端にある鮎川浜に向かいます。震源地に一番近い町の現状を歩きながら自由に見学します。少人数だったのですが、2011年の6月4日、弊社が初めてボランティアツアーを行った町です。震災5年後の町の再生は、どこまで進んでいるでしょうか?

ボランティアを通して結んだ被災者との縁、被災地との縁、またはボランティア同志の縁をこれからもずっと大事にしたいものです。記憶が薄れないうちに、もう一度被災地を一緒に見に行きましょう。皆様との再会を楽しみにしています!

 

震災から5年 被災地応援視察ツアー申込はこちらから

 

スティーブ社長からのご報告 牡鹿半島狐崎漁港で初めてのボランティア

5月11~12の週末、GW中で活動した竹浜から車で6~7分で行ける狐崎という漁港で初めてボランティアツアーを行ったが、活気溢れる超楽しい二日間になったので、ご報告します。

先ずは紹介者の関根健さんへのお礼。関根さん(当社ボランティアツアーのリピーター王)がGW中の全ての企画(3回)に参加してくれたが、なか日の30・1・2日は彼が直接縁をつくっていた狐崎水産の仕事を手伝って、しっかりと信頼関係を築いてくれた。

狐崎水産は、昨年宮戸島で手伝った海苔生産グループ「月光」とよく似た組織で、補助金や融資を受けるために震災後に結集された生産グループです。代表の古内さんは私よりちょっと年下なぐらいで、6人のメンバーはおよそ30~40代で若々しい。

土曜日の午後一番から日曜日の夕方まで、この7名の漁師が、当方7名のボランティアと2名のスタッフと一丸となって「針金通し」という気が遠くなるような作業を行った。「針金通し」は海から天然の牡蠣の種を採取する仕掛けをつくるための中心的な工程で、あらかじめ穴があけられているホタテの貝殻72枚と、殻と殻の間隔を空けるためのプラスチックパイプ(約1cm)に針金を通す。はめ終わったらペンチを使って針金の先端を複雑に曲げて(意外と難しいが、皆ができるようになった)貝殻が抜けないようにする。真ん中辺に海にぶら下げるためのひもを結んだら(超難しい。2名しか覚えられなかった。私も含めて残り7名がこの2人にひも結びを任せた)。全部終わったら、もう一回72枚の貝殻を数えて、最初か らもう一度。

7名の漁師と9名のボランティアで、一日半をかけて何万枚のホタテ殻に針金を通しただろうか。1人2人でやったら、終わらなくて嫌になることがよく分った。しかし17名が和気あいあいとしながらやると、なぜか辛く感じない。逆に楽しくなって、変な競争心(俺の方が早い等々)まで出てきた。

夜は漁師3名が当方の誘いに応じて民宿での2次会に参加して、盛り上げてくれた。シャイな漁師達は、お酒が入ると変わる。手伝う方も手伝われる方もお互いに興味津々で、笑いいっぱいの歓談が遅くまで続いた。

牡蠣と言えば2日目の午前中狐崎水産が特産品として一押ししている、蒸す容器までついている殻付の大型牡蠣貝15枚も詰まっている「岬焼きセット」2つをガスコンロにのせて味付けなしで蒸してくれた。口の中で爆発する、これぞ海の味。ごちそう様でした!

今回も先日発見した絶景スポットでお昼の弁当を食べた。正面には田代島、左には網地島(あじしま)が見えます。気温がちょい寒かったせいか、今回は食後昼寝をしないで全員がビーチに降りた。昔々オクラホマの田舎で磨いた水切りの業を披露したら、「ええ、すごい!」と何回も言われ、とてもいい気分になったことは、今回の1番の思い出だったかもしれない。

7名のメンバーが本格的な生産体制を確立するために作らなければならない仕掛けの量は莫大で、毎日でもボランティアの手伝いをお願いしたいという状況です。6月は毎週末にするのか、隔週にするのかはまだ議論中ですが、とりあえずは予定している今月の25~26日の企画を是非成功させたい。毎週末企画すると、人数がまとまらず不催行になりかねないのでその次は一週飛ばして6月8~9日にしたいと思う。狐崎水産の皆様が我々をあてにしているので、結集して引き続きあるだけの力を貸してあげましょう。

(株)トラベル東北代表取締役
山口スティーブ

ご報告 GWボランティア企画の大成功について

GW中3回に亘ってボランティア募集枠を満杯にし、総勢45名で牡鹿半島竹浜の牡蠣養殖の仕掛けづくりを精力的に手伝った。竹浜では「がれき撤去的なボランティア」としか接触したことがなかったようだが、家の商売道具である養殖の仕掛けを真剣かつ正確に造る我がトラベル東北のボランティアの「力」に驚いた。6日の午後、最後のバスが石巻駅に向かった後私は少し残って後藤夫妻と立ち話をしたが、お二人の表情やお言葉は感謝と感激に溢れるものだった。ご参加の皆様、本当にお疲れ様!

被災地でつくった「縁」を、帰宅後も大事にし、被災者一人一人を応援して行く「応援ネットワーク」を形成することがトラベル東北流です。後藤家のオフィシャル・サイトである「後藤家の食卓」(http://hifactory.shop-pro.jp/)では、牡蠣貝を中心とする家の商品が注文できる。また、後藤家の食卓FBhttps://www.facebook.com/ishinomakikakiでは、メッセージ交換をしたり、家の近況をフォローしたりすることができる。

いつものことですが、今回も我がツアーに参加して下さった方々の「質」や「真剣み」に圧倒された。その都度こんなにいい人達が集まるって、私たちトラベル東北は本当に恵まれている。男女のバランスは丁度半々ぐらいで、30・40代を中心に中学生から昭和21年生まれの方まで仲良く協力しながら働いた。日によって違ったが、焼き牡蠣や牡蠣汁が出たり、船に乗るチャンスが訪れたり、絶景スポットで昼寝したり、様々な「おまけ」や「サプライズ」があった。

特に関根健さんにお礼を言いたい。関根さんは今回、何と3回とも参加なさった。今までの参加回数は合計13回で、リピータの多い我がツアーの参加者の中でもダントツ1位だ。当社のやり方と仕事のやり方を覚えきっていることを活かし、ボランティアの「班長」的な存在になってきた。社長として、非常に心強い存在だ。

【次回予告】

予想外に、ぎりぎりになって今週末5月11~12日のボランティアツアーを実施することが決まった。今回は関根さんの紹介で、竹浜の近くにある狐崎漁港で同じ牡蠣養殖関係のお手伝いをする。募集枠はまだ余裕があるので、遠慮なくギリギリでもお申込み下さい。

GWの結果について、私は非常に嬉しかった。ボランティアがいっぱい来たし、楽しかったし、大変役に立った。私たちが得意とする小さな漁村ではまだまだ応援のニーズがあるので、ボランティアツアーの流れが切れないように、今後ともよろしくお力添えを下さい。

トラベル東北代表取締役
山口 スティーブ

ボランティアツアー報告

この前の土・日久しぶりに催行されたボランティアツアーは私にとって大満足の結果となったので皆様に報告したいと思った。

 先ずは若芽のこと。海水温度が上昇すると若芽の色や品質が悪くなるので、ある一定の温度を超える前に、いかに多くの若芽を収穫・加工・出荷するかは一つの勝負です。人手不足に悩まされていた牡鹿半島福貴浦の漁師が少しでも多く出荷できるように皆様への「緊急アピール」を発信したが、残念ながら間に合わなかった。「スティーブ、悪いけどもうだめだ。今日市場にもっていた若芽には値段が付かなかった」という悲しい連絡が入ったのは、金曜日12日の夜。

 参加者の了解をとる時間もなかった。土曜日午後1時現地に到着した皆様に事情を説明し、これから種付けの時期が訪れる牡蠣養殖関係の仕事への協力をお願いした。怒られるかと思ったら、だれもいやな顔をしなかった。ボランティアの皆様の柔軟な対応に感謝している!

 若芽同様、牡蠣の生産・出荷は終わったばかりだけど、「種付け」という工程に向けた準備は既に始まっている。昨年は例年の3分の1だった仕掛けの数を、今年中なんとか震災前の7~8割にもっていきたいそうですが、人手不足の中でボランティアの力がなくてはならない。

ボランティアツアーの様子1ボランティアツアーの様子2

 GWにはホタテの貝殻に穴を開けて、紐を通しす作業が始まるが、先日は海から引き揚げたロープの整理ばかりだった。一山になっていた無数のロープを一本一本伸ばして、先端に紐を通して、そして丁寧に巻き直すという、気が遠くなるような作業だったが、暖かい日照の下で、気持ちよく皆でもくもくとこなした。8人で一日半頑張って、約800本を再利用できる状態に直した。依頼主の後藤さんは、感謝の証として獲りたての蟹と牡蠣とナマコを私たちにプレゼントした。

ボランティアツアーの様子3

 民宿「瑞幸」は、蟹とナマコをクジラ料理を中心としった夜のメニューに加えてくれた。蟹がすぐに消えるのは当たり前なことですが、主に関東方面から来た今回のボランティアはこんなにおいしそうにナマコを食べるとは思わなかった。リピーターとして最高記録をまとも更新した関根健さんが持ち込んで2種類の日本酒も、ありがたくごちそうになった。肝心の牡蠣は次の日いただいた。醤油もレモンも何も付けずに、生で食べたり、蒸して食べたりして、涙が出るほど美味しい思いをさせていただいた。後藤支部長、ごちそう様!!!

 GW中予定している三回のボランティア企画は、いずれも今回と同じ瑞幸に泊まり、同じ竹浜で牡蠣の仕掛けづくりを予定している。嬉しいことに、申込みがどんどん入ってきて、いずれの日程も催行されそうです!竹浜の漁師達共々に、お申込みをお待ちしております!

(株)トラベル東北 代表取締役
山口スティーブ

ページトップへ