トップページ > ブログ

ブログ

THE UNIVERSAL BUILDING CUBE PROJECT (UBC PROJECT)

  東北の被災地では、被災者の多くがようやく仮設住宅に入り、長い「避難生活」に終止符を打って今後の「生活再建」を真剣に考え始めたところです。
生活の再建に向けて、事業再開、復興計画の策定、我が家の再建などすぐには解決が望めない問題が多く、最低数年間の仮設住宅生活を覚悟しなければならないケースが大半です。そこで問題となってくるのは仮設住宅団地の「生活機能不足」です。多くの団地は人口集中地から遠く離れているのに加え、地元にもともとあった店や倉庫が津波に流され、ちょっとした買い物でも往復1〜2時間がかかるのが通例です。
生活しにくい「仮設住宅団地」を数年間快適に暮らせる「仮設村」に変身させるべく、このUniversal Building Cube (汎用建設用キューブ)プロジェクトが生まれました。発案者は数多くのボランティア・ツアーを企画・実施している(株)トラベル東北の山口スティーブ社長で、開発・設計・構造体の生産は「鉄ほど強度が高い木造建物づくり」で名高い(株)シェルター(山形市)が担当しています。その他の建設材料のプリカットは、トラベル東北の親会社で、四年前に建設業を廃業した(株)山口コーポレーションの運休中の施設を利用し、被災者を雇用して行われます。

Universal Building Cube (UBC)は、幅2mX奥行4mの頑丈な木製箱ものです。場所の許す限り、縦・横にも連結可能で、5畳サイズのキューブを連結しながら用途に応じて10畳・20畳・30畳など必要な空間が確保できます。また、仮設商店街などに使われる場合、内壁を残しながら横に連結し、わずか10mの間口に仮設商店(美容室・本屋・八百屋など)5店舗設置できます。
特に漁師の場合、収納スペースの確保が急務です。震災前には漁師各自がその漁具を港の近くに置かれた収納小屋に収めたが、その漁具が収納小屋ごとに流されたのがほとんどです。漁の再開に向けて漁師達は漁具を集め始めているが、置く場所がなく困っています。
被災前に所有していた「もの」がほとんど流された多くの被災者にとって、「生活再建」は「もの集め」から始まります。しかし仮設住宅は狭く、最低限の生活用品しか入れられません。ということは、漁師のみならず、大勢の被災者は収納スペースの不足に悩まされています。
これらの「商店」や「サービス業」や「収納スペース」に対するニーズに加え、「集まってコミュニケーションをとる空間」の有無によって今後の新たな共同体づくりの是非が決まることは過言ではありません。自由に使える「仮設集会場」を提供することによって、例えば午前中には若いお母さんたちとその子供、午後にはお年寄りの方、夜には漁師達などが集まって気軽な雰囲気の中でコミュニケーションをとるようになれば、孤独感の減少・共通目的意識の向上が期待できます。究極的には、仮設集会場が「復興に向けた民主主義の道場」として機能することするさえ考えられます。

2回の試作品建設と5回に及ぶ設計の見直しを経て、10月6〜8日、UBCを三戸連結した第一号の「仮設集会場」が東松島市奥松島の月浜区で建設されました。今回は外資系の食品メーカであrハインツ日本株式会社の寄付によって無料で月浜区に寄贈されましたが、被災者や仮設住宅団地の自治会への負担を極力抑えるべく、さらなる民間支援を募集しています。UBC一戸当たりの原価は、概ね40万円です。量産によってどこまで原価を下げられるかが今後の課題です。公共性の高い団体(自治体や組合など)には無料、個人には5万円程度で提供することを理想にしています、その提供価格は支援金の集まり次第です。
構造体の大量生産は(株)シェルターの山形県寒河江市にある工場で行われます。その他の部材のプリカットについて生産量が増えた段階で本格的なプリカット工場で行いたいが、月100個に達成するまで(株)山口コーポレーションが無償提供する天井クレーン付きの倉庫で行われます。プリカット作業は、被災者を雇用して行う予定です。

「仮設住宅団地」を「仮設村」へのレベル・アップに寄与するこのUBCプロジェクトにご関心のある方は、(株)トラベル東北の山口社長にご連絡下さい。

尚、支援金の処理について、認定NPOの協力を依頼しているところです。近日、そのNPO名を公表する予定です。

株式会社 トラベル東北
代表取締役 山口スティーブ
TEL  0233-43-9077
FAX  0233-43-9088
CELL 090-5840-4551
EMAIL steve-yamaguchi@traveltohoku.co.jp

10月8日・9日 被災地応援ボランティアツアー

10月8日・9日の被災地応援ボランティアツアーは初の奥松島民宿泊で、関東からリピーター2名を含む11名の皆様にご参加いただきました。ありがとうございます。

今回は『UBCプロジェクト』(詳しくはボランティアツアー第六弾の商品情報欄をご覧下さい)の初めての本格的な建物寄贈と重なりました。この日はいつもと作業内容が異なり、

ツアーご参加の皆様には小屋建設や周辺の整備、建前(標準語で言うところの上棟式)後に振舞う山形風芋煮を作るお手伝いをしていただきました。

午後三時、100人を超える地元住民の方々やボランティアツアー参加者に見守られて建前の儀式が始まりました。屋根に上がっているのは、月浜地区の区長さん、今回の小屋を寄贈して下さったハインツ日本のポール・モリ社長、小屋の設計・施工をお願いしたシェルターの木村社長、そして我がトラベル東北のスティーブ社長。いつもボランティアでお世話になっている尾形さんが祝詞を捧げます。ご祈祷が終わるとお待ちかねの餅まき。1俵分の紅白の餅(何個あったのかなあ)を屋根から一斉にまくと、皆さんスゴイ勢いで餅を拾ってます。一人で20個位取ったおばあちゃんもいました。その後はハインツ日本さんから提供されたハンバーグ、スパゲティ、スープや地元のお母さん達が作って下さった赤飯やおひたし、漬物、そしてボランティアツアー参加の皆さんで作った芋煮(100人分!!)に舌鼓を打ち、仙台から駆けつけてくれたチャーリー渡辺さんのバンド演奏(スティーブ社長もバイオリンでコラボ)で盛り上がりました。

翌日は朝8時から作業開始。月浜地区で浜辺や山道の清掃、草刈り、小屋の仕上げなどを行い18時半に松島駅へお送りしました。

いつもとは内容の違うツアーでしたが、建前を初めて経験されたお客様もいらっしゃって、

昔ながらの風習(近頃は田舎でもやらなくなってきました。私も久しぶりに見ました)に接していただく良い機会になったのではないでしょうか・・・

本林

ボランティアツアー詳細  

おのぼりさんが行く

 東京2日間添乗に行って来ました。そんな中フリータイムを利用して東京スカイツリ―を下見してきましたが
すっかり「おのぼりさん」になってしまいました(#^.^#)
東京駅丸の内南口を出て昼食場所へはとバス乗り場近くで中華料理ランチ
お昼から北京ダックとは豪華です。

ただ、鳥皮だけ巻いて食べれば良かったのかな―(゜-゜)
ふと気付くと、店内はサラリーマン・OLでいつの間にか満席。
さすが丸の内オフィス街!

夜はそれぞれのグループに分かれ、私達は「ブルーマンシアターへ」
品川から地下鉄を乗継(途中で間違いながら(>_<) 麻布十番駅で下車
六本木ヒルズが見えてきて、なぜか「PC龍が如く」を思いだしてしまった(-_-メ)

翌日は地下鉄を乗り継ぎ浅草へ
某ビール会社ビルと炎の魂にスカイツリ―が加わった景色はシャッターチャンス
東武線で業平橋まで行き、徒歩3分程で「東京スカイツリ―」の足元へ

高~い!!!デッカ―イ!!!
思わず「うぉぉぉー」声を出してしまった(・O・)
辺りにも数人が写真を撮っていましたが、全体を入れて写すのが難しー(+o+)
首が痛くなるほどしばらく見ていました。


浅草に戻るともう一時近く「昼めし何食べようかなー」迷っていると
もんじゃ焼きの看板「一人でもんじゃか...」ちょっと迷いましたが
まっいいか、おのぼりさんだから、と入店。
ちょうど1つテ―ブルが空いててラッキー!周りは女性グループやカップルさん

店員さんに「もんじゃ焼初めてなんで作ってもらえますか...」と尋ねると「大丈夫ですよ(^_^)」
と手際良く食べるまでに仕上げて頂きました。
しばらくすると店長らしき人がやってきて「もんじゃをこのへらで鉄板の上を引っ張ってきて食べて下さいね~」
「最後に出来た焦げ目も美味しいですからね~」と色々と心配して頂きました。
なんて親切なんだろ(T_T) 頭の中で福山雅治の曲が流れた「東京にもあったんだー♪」

その後、浅草仲見世~浅草寺参拝
しかし、凄い人混みだなー毎日がお祭り見たい(*^^)v
外国の方も多く見られました。
当日は台風を心配して大提灯も上げられてました。

その後、東京駅地下街で色々な店を見て回り、もう、くたくた...
歩数計は2万歩近くまでいってました。
歩いたな―m(__)m

疲れてイスに腰掛けながら人が行き交う姿をボーっと見ながら
「ボランティアに来て頂いた方に会ったら凄いだろうなー」何て考えてたら

「阿部さん!」と声を掛けられ、びっくり(゜-゜)
一緒に行ってたお客さんでした(笑)良くこんな人混みで出会ったものです(不思議)

帰りの新幹線の中で、皆さんの楽しかった東京日記を聞きながら
おのぼりさんは無事帰ってきました。

余談
古川駅のエスカレーターはみんなそれぞれ何気なくのっかてましたが、
東京は右側を開けるのが暗黙のルールでした。
大阪は逆とか聞きました。
「おのぼりさん」この度は色々勉強になりました。
おわり...

8/27~28 被災地応援ボランティアツアー in 奥松島

8/27 ボランティア参加の皆様をお迎えに仙台駅前のバスプールに向かうと異常な混み具合。
何回か青から赤に変わる信号機を見送りようやくバスプールに入れた。

他のバスのステッカーを見ると「ボランティア...」の他に「大曲花火競技会...」「ARABAKI ROCK FEST」
なるほど...混んでる訳だ。
こんな風景を見ると活気が戻りつつあるのかなぁーと思ってしまう。

この度の参加者の方々も「東京・大阪・兵庫・愛知」と各県・遠方よりご参加頂いた方々です。
車中で皆さんにご挨拶と活動内容を説明をさせて頂きながら皆さんのお顔を拝見すると「何か緊張してるなぁ~」
無理もないです。あのテレビで見た未曾有の大災害・被災地へ行くのですから...
どの様に作業したら良いのか、どの様な現実が待っているのか、不安は隠せません。
ほとんどの方々が一人で参加なのですから尚更です。

こんな時は、まず添乗員がリラックスして笑顔で皆さんに元気な声で説明しなければと、

(阿部)「ボランティアは自分が出来る範囲で、あせらず、肩の力を抜いて...」
と案内しようかと思ったらバスのマイクが調子悪く上手く伝わりません(T_T)

「あれっ」と焦ってる私の姿に、参加者の方がクスッと笑い声(*^_^*)
何か一瞬にして車内の緊張が解けたようで、私もマイクなしで大きな声で行程を挨拶させて頂きました。

バスは、松島を過ぎ奥松島へ

途中から風景が一変...

道路は隆起し、民家のガラスや壁はめちゃくちゃに破壊され、海水が道路より高く、住宅だったであろうコンクリートの土台がむき出しになったままの何とも殺伐とした風景・まるで戦後の焼け野原の様だ。
もうすぐ3月11日から6ヶ月を過ぎ様としているのに、復興の兆しが見えない。
参加者の方々も窓の外をじっと見つめています。
ため息も出ない程に静かにじっと...どんな思いだったのでしょう。

仙台駅から約2時間「奥松島・縄文村」に到着。
他のボランティアバス、大型2台来てます。(関西からの団体だそうです)

2日間お世話になる被災地の方から作業内容を聞くと、さぁー作業開始です。
本日は「(女性群)海苔養殖の網づくりと(男性群)イカダ作り」です。
その方の海苔養殖の網は10年かかって作りあげた網を全部津波で流されてしまい一からの網作り(100枚)です。
色々な作業工程を一つ一つ親切丁寧に教わっていきます。全員が今まで体験した事無い作業です。 一つ二つと出来上がる度に皆さんの行動が素早く息も合い次々と網が出来ていきます。

イカダ作りはパイプをロープで結び作り上げていくのですが、これまた一つ一つの工程が複雑。しかし、ロープの結び方やパイプの配置の仕方など覚えだすとだんだん楽しくなっていき、現地の方と会話をしながら出来るまでになった。
この度教えて頂いたロープを切らずに結んでいく方法は、いつか何かの作業の時に役立ちそうです。

二日目は二件のお宅に別れての作業でした。
当日は夏の暑さが戻り、野外での作業にはちっょと暑かったですが休憩を入れながら無理なく進められました。
網作りの方は二日間で過去最高枚数が出来上がったと全員で拍手!

昨晩、食事の時に皆さんから、この度の「被災地復興支援ボランティアツアー」参加までの経緯を聞かせて頂きました。

「自分も復興への手助けがしたいと思ったのですがそんな時、朝日新聞で山口社長の記事を読み、是非参加したいと思っていたのですが、自分は本当に出来るのだろうかとなど、色々迷いに迷ったのですがようやく決断し、この時期になってしまいました」

「ボランティアで現地に出向き少しでも役に立ちたいと思っていたのですが、どんな形で参加して良いかインターネットで探していたところ、この度のツアーを見つけました。そして、今、勇気を出して参加して本当に良かったと感じています。」

「震災後、個人で現地に出向きボランティア作業をし、数か月たった現状を自分の目で確かめたかった。」

「夏休みを利用して是非来たいと思っていました。」

 皆さん、色々な思いでこの度の「被災地応援ボランティアツアー」に参加して頂いた事に胸が熱くなりました。
政府の力だけでは被災地の復興はいつになるか全くわかりません。
ボランティアの方々が入っていない被災地もまだまだ数多くあるのが現実です。

今、自分も被災地復興の為に現地に出向き現状を見て、微力でも手助けできればと、しかし、ちょっと勇気が無く迷っている方がおりましたら、ちょっとだけ勇気を出して一歩踏み出してください。

ボランティア参加者に復興作業のプロはいません。

 一歩前へ、動き出す力が復興へと繋がります。

 この度の被災地応援ボランティアツアーご参加の皆さま復興にご尽力頂きありがとうございました。

「感謝」

阿部

ボランティアツアー詳細はこちら

8/20~21 被災地応援ボランティアツアー in 奥松島

  8月20日~21日の2日間、被災地応援ボランティアツアーに参加させていただきました。場所は奥松島です。関東方面や長崎県、熊本県などの西日本からの参加者も多く、なんとロサンゼルス在住の方も参加してくださいました。皆さんの「東北の力になりたい」という熱意が伝わってきますね。 

奥松島に着いてからは、津波の被害にあわれた住宅のがれき撤去作業と海苔の養殖に必要な網といかだを作る作業に別れました。私は初日、海苔の養殖用の網を、2日目はいかだをつくるお手伝いをしました。作業に慣れるまでは「あれ?これでいいですか?間違ってないですか?」という感じでした。ですがしばらく経つと、皆さん無言になるほど作業に集中していました。 

 「海苔が育ったころに、また遊びに来てください。」という島の方の言葉と、島の人々の笑顔に

ボランティアとして参加した私たちの方が元気をいただいた気がします。

再び島にたくさんの観光客と笑顔であふれる日が来るように。

「笑顔」と「ありがとう」の大切さを改めて実感した2日間でした。

廣木

ボランティアツアー詳細

ページトップへ