トップページ > ブログ

ブログ

「震災から5年 被災地応援視察ツアー」 スティーブ社長の感想

resize_01

3月19日~20日、私を含めて総勢17名で被災地の懐かしいボランティア現場を見学してきた。参加者の多くはボランティアツアーのリピーターで、久しぶりに再会したことでこの五年のさまざまな記憶や思いでがよみがえった。被災者を助けよう、という単純で純粋な気持ちで結ばれた私たち。この不思議な縁は、素直で美しく、とても捨てがたいものです。

仙台駅で集合して、先ず向かったのは宮戸島の月浜。工事中の海水浴場をながめながら海の幸バーベキューをハングリーに食べたところ、あの「海坊主」たる小野仙一さんが現れた。小さな声で海苔養殖の復活を手伝ってくれた皆様へのお礼の言葉を述べたあと、自家製の海苔をさりげなく配って軽トラックで消えた。仙一さんは相変わらず照れやさんのようだね。

震災の年の7月、一番最初に手伝った里浜の尾形文秀さんも挨拶にきてくれた。超忙しい時期なのに、「皆さまがいなければ今の忙しさもない」と言ってわざわざ月浜にきてくれた。「手伝ってもらって当たり前」という被災者もいるけど、ボランティアから受けた恩を決して忘れない、尾形さんのような素敵な人もいる。

海の真ん前、何回もお世話になった民宿「山根」が、外壁を貼りかえって元気よく営業を続けている。2011年の秋から山根以外に「上の家」もがんばってきたが、その後浸水被害を受けた民宿二軒が営業を再開し、流された民宿一軒も再築された。震災前の民宿の数の三分の一にも満たないが、海苔産業に続いて観光産業も着実に回復に向かっている。

「月光」という海苔生産グループはボランティア活動2年目から手伝ったが、グループ補助金制度のおかげで2年前から立派な海苔生産工場が順調に回り、メンバー7人と従業員8人が安定した生活を送っているようだ。ボスの山内さんは留守だったが、若者たちが自慢げに工場を案内し、復興ぶりをアピールした。

高台移転先での新築住宅を見れば復興のスピードや勢いが大体分かる。月浜の場合、宅地造成が早く完成し、住宅工事もほぼ終わっている。いわゆる「復興公営住宅」は数軒あるが、ほとんどの家は建て主の思い入れの入った大きくて立派な家です。

野蒜海岸には、高い防潮堤が数キロも続き、海水浴場としての魅力を落しているが、月浜の海水浴場は「日本三景松島」の一部であるためこの運命を避けることができた。高さはわずか2メートル前後、勾配のゆるい、いわゆる「海水浴場型」の渡りやすい堤防は現在工事中ですが、進行具合から判断すれば今年の夏までに完成し、本格的な海水浴が楽しめそうだ。ボランティアツアーで大変お世話になった、海の真ん前にある民宿山根(http://www.k2f.jp/yamane/)に泊まるなら、予約を早めに!また、海苔のご注文なら、海苔生産グループ「月光」 (http://gekkoh7.info/374)にご注文下さい。自称「縄文人」の尾形文秀さんに会いたくなったら、Facebookを通して声をかけて下さい。

「見学が終わったら、バスで南三陸町志津川の「ホテル観洋」に向かった。被害がひどかった東松島市の矢本地区や航空自衛隊の松島基地を通り過ぎ、石巻市に入った。人命が沢山失われた門脇地区は高く伸びた草むらで広大な原っぱのような光景になっていた。足場の壁に包まれた門脇小学校は、記念物として残るか、残らないかを迷っているような感じだった。日和大橋の上からの眺めは、「生々しい」と言えるようなものは何も残っていないが、かと言って、「復興が進んでいる」という感じもしない。震災の後片付けが終わった、旧北上川の河口付近の広大な土地はどうするつもりだろう。結論が出るには、まだしばらく時間がかかりそうだ。

女川町は、狭い旧中心市街地の嵩上げ工事が進み、身の覚えのあるような特徴や地形はほとんど盛土の海に沈んでしまった。あれだけ高く見えた病院の敷地も盛土工事に囲まれて周りとの落差がどんどん小さくなってきている。

resize_02

著名建築士版茂によって設計されたJR石巻線の女川駅の新駅ビルは確かに素晴らしい。その中に入っている休憩場や温泉は、地元の方々にとってどれほどありがたいものか。駅前から百メートルほど海の方向に走る新しい商店街は、一流のデザイナーによって統一的に設計された、木材の温もりを活かした「やすらぎ空間」を上手に実現できた。地元に残った人々にとって「商店街機能」を果たすかどうかは別として、行政は行政なりに気を配り、「素敵なもの」を創ろうとしている努力も感じる。

翌朝バスに乗り、海の真上の絶壁に建っているホテル観洋から南三陸の志津川地区に降りた。女川町を超える、盛土工事の迷路。たどり着いた防災対策庁舎の屋根より、盛土の山々が高い。被災地を象徴するこの防災対策庁舎を記念物として残しても、上から見下ろすことになりそうだ。復興政策のさまざまな矛盾を痛感する、不気味な光景だった。

resize_03

志津川を二度と津波被害にあわせないという理念の下で進められている復興計画は、結果として志津川を殺すことにならないかと、心配してならないのだ。「安全・安心の新しい志津川」を約束されている市民は、もう既に5年間我慢して待っている。盛土工事を完成するには、現在元の低い地盤にある道路を順次計画地盤高まで持ち上げないといけない。道路網を上にもってくるのに、最低あと3年がかかると思う。うまく行っても、新しい中心市街地の骨格が見えてくるのは早くても5年先であろう。

今まで5年、これから5年。10年我慢しきれる志津川人は、何人いるだろうか。一旦、地元を離れた若者は、何人戻るだろうか。「人口を残す」という目的意識の薄い復興政策の結果、「安全・安心の幽霊の町」にならないようにと、切に願っている。

「さんさん商店街」で買い物した後、再びバスに乗って三陸道経由で石巻の牡鹿半島に向かった。牡鹿でのボランティアツアーでいつもお世話になっていた民宿「瑞幸」で昼食に刺身定食をいただいた。くじらの刺身はもちろん、海藻の吸い物も絶品だった。法事の仕出しで忙しかったマスターも、バスが出発するときに顏を出して挨拶してくれた。牡鹿半島で一番早く営業を再開し、建設作業員やボランティアを宿泊させながら地元住民のニーズにもしっかりと応えてきた「瑞幸」は、繁盛して当然だと私は思う。

瑞幸の後は東浜へ。「半島の半島」とも言える東浜には、竹浜や狐崎浜という懐かしいボランティア現場がある。狐崎浜には、牡蠣養殖業者の阿部政志さん、奥さん、おばあちゃんが待っていてくれた。ぷりぷりした蒸し牡蠣を大量に消費しながら、阿部さんの話しを聞いた。牡蠣養殖そのものが大分復活しているが、生活はいろんな意味で厳しい。岬に守られて、津波被害が割に少なかった狐崎浜だが、人口が半分以下に減り、浜は構造的な人手不足になっていること。多くのお友達が浜から離れ、寂しくなったおじいちゃんとおばあちゃんのこと。子育て世代が少なくなり、近くの小学校や中学校の存続が心配されていること。暗い話しの中で、いつも集落に希望の光を持ち込むのはボランティアだという。この日も、高校を卒業したばかりの若い女性が阿部宅に泊まり、毎日家の仕事を手伝っているそうだ。おじいちゃん、おばあちゃん
がどれだけ元気をもらい、どれだけ喜んでいることか。

resize_04

この状況は、すぐには変わりません。阿部家は、明るく生きていくために、ボランティアの力が必要です。「最少催行ライン8名」の当社のボランティアツアーは、もう成り立たないのだ。阿部家と縁のある方も、ない方も、時間がとれたら是非手伝いに行って下さい。阿部政志さんのFacebookを通して連絡がとれます。牡蠣のご注文も、もちろんどうぞ!

最後の訪問先、鮎川浜。震源地に一番近い町だが、復興が驚くほど進んでいない感じ。当社の一番最初のボランティアツアーは、2011年6月4~5日、この鮎川浜で行われた。電気もガス、水さえなかったときだ。キャンピングカーを中心に、テントを張ってボランティアの生命維持を図った状況。そこに、必死に一人で家の泥出しをしていたおじさんがいた。奥様は津波が怖くて鮎川浜に戻りたくないと言っていたようだが、旦那さんが何とか家をきれいにして奥さんを呼び戻したいという。その戦いに、私たちボランティアが加わった。

その家はどうなっているのか、旦那さんと奥様がそこで幸せに暮らしているのか知りたくて、5年ぶりその現場を訪れた。家があるはずの場所に、今では珍しい瓦礫の山。その当時手伝ったおじさんのことを心配し、現場に居合わせた解体業者に聞いた。「持ち主はどうなっているのか?なくなったのか?鮎川浜に住むのを諦めたのか?」

私の心配そうな顔を見つめながら解体業者が微笑んで答えた。「大森さんは鮎川浜にいるよ。山を買って、ログハウスを建てて、そこで奥さんと2人で元気そうに暮らしているよ」と。

「旦那さんの勝ちか、奥様の勝ちか。いや、二人とも勝ったな」と思い、ちょっと嬉しくなった。

帰りのバスの中で、この5年間の活動を振り返り、胸がじわじわと熱くなってきた。被災者やボランティア、支援者や協力者、どれだけ多くの素晴らしい人間たちと、どれほど素晴らしい縁を結べたのかと、一人一人の顔を浮かべながら思った。80回のボランティアツアーを実施した上での最初で最後の「視察ツアー」のつもりだったが、これで終わりにしたくないと、心の中につぶやいた。今回の旅仲間15名と抱き合いながらのお別れとなったが、「ここで終わりにしたくない」と思ったのは私だけじゃないはず。「トラベル東北被災地応援ボランティアツアー同窓会」のようなものは、あってもいいのではないか。アイディアや提案のある方、どんどん寄せて下さい。

この5年、いろいろな意味で、本当にありがとうございました。

(株)トラベル東北
社長 山口スティーブ

震災から5年 被災地応援視察ツアー

ご無沙汰しております。(株)トラベル東北の山口スティーブです。

80回も行った弊社の被災地応援ボランティアツアーに参加した皆様、本当にお疲れ様でした。皆様の力で多くの被災者が元気や活力を取戻し、着々と生活再建に励んでいます。

弊社のボランティアツアーは2015年6月から中断された状態ですが、震災から5年という大事な節目をきっかけに、復興に貢献した皆様と一緒に「復興の現状」を確認すると共に、懐かしいボランティア現場を訪れ、海の幸や三陸海岸の美しい景観を楽しみながら被災地の経済に貢献するツアーを企画することにいたしました。

なるべく多くの皆様が参加できるように、土曜日の午前11時仙台駅集合にいたしました。貸し切りバスに乗り、奥松島の宮戸島に向かいます。海苔養殖の復旧を手伝った月浜で浜焼きやカニ汁をごちそうになった後、「復興が早い」とされている宮戸島の現状を見て回ります。高台移転先への住宅の移転がほぼ完了し、新しい民宿も建っています。おなじみの漁師さんとも出会えるといいですね!

ボランティアツアーの際民宿泊まりが基本だったのですが、今回は被災地有数の大型旅館に泊まります。天皇・皇后両陛下が被災地視察の際ご利用なさった南三陸町の「観洋」です。露天風呂からの眺めや夕食の献立を楽しみにして下さい!

「観洋」に向かう途中、石巻を経由し、車窓から門脇地区や渡波の現状を確認できます。女川町にたどり着いたら一旦バスから降りて著名な設計師である伴茂がデザインした新しい駅舎(温泉あり!)や工事中の港町を自由見学します。

翌朝はバスに乗り現地の語り部にバトンタッチし南三陸町の中心部を案内していただきます。防災対策庁舎より高い盛土の山々は考えさせられる光景です。その足でよくテレビに出る「さんさん商店街」に立ち寄り、買い物をします。海産物は宅急便で全国どこにでも送れますので、思う存分買い物をし、漁師達の「財布の復興」に貢献します。

お昼前、三陸道経由牡鹿半島に向かいます。ボランティアの際いつもお世話になった民宿「瑞幸」でお昼(刺身定食)を食べたあと、ボランティア回数が多かった狐崎浜を見学します。当時お世話になった牡蠣養殖の漁師さんが迎え入れてくれます。採りたての牡蠣貝を食べさせてくれるのかな?楽しみにしていて下さい。

狐崎浜を出たあと、牡鹿半島の先端にある鮎川浜に向かいます。震源地に一番近い町の現状を歩きながら自由に見学します。少人数だったのですが、2011年の6月4日、弊社が初めてボランティアツアーを行った町です。震災5年後の町の再生は、どこまで進んでいるでしょうか?

ボランティアを通して結んだ被災者との縁、被災地との縁、またはボランティア同志の縁をこれからもずっと大事にしたいものです。記憶が薄れないうちに、もう一度被災地を一緒に見に行きましょう。皆様との再会を楽しみにしています!

 

震災から5年 被災地応援視察ツアー申込はこちらから

 

新庄警察署最上町駐在所新築落成式

DSC_0645

先日、トラベル東北の裏手に完成した、最上駐在所の落成式が執り行われました!

当社社長も出席させていただきました。

晴天の下テープカットから始まり、内覧、記念撮影と行われました。

普段お世話になることはあまりないので、記念に中まで見せていただきました。 こちら駐在所の中です。↓DSC_0644

最上町の平和と安全をしっかり守っていただきたいと思います!( *゚ー゚)ゞ

お遍路最終回の巻(完)

4~5日日目は、高野山へと向かい、奥の院、金剛峯寺、壇上伽藍、そして弘法大師の母公ゆかりの寺、慈尊院と参拝。私にとって初めての高野山、修行僧の山、お寺ばっかりの山と想像してましたが、そこには幼稚園から大学まで、コンビニ、スナック、銀行と普通の町並みです(;゜0゜)

宗派、国を問わない高野山墓地は色々なお墓がありびっくりです。大手企業の墓はまるでCM、赤穂浪士、各時代の武将、もう少し高野山について勉強してくるんだった(><)
 
来年は高野山開山1200年だそうです。4月、5月は行事事で大変混むそうですから、行かれる方はご参考までにお知らせします♪
お陰様で、無事四国八十八ケ所と高野山を参拝し山形へと帰ります。

今回の旅で、私にとって弘法大師は3年間お世話になった棟近ドライバーさんでした。ありがとうございました!感謝。(^人^) 
阿部
2014031315530000
2014031315510001 DCIM0137

2014031315510000 

お遍路最終回の巻③

2014031116330001

2014031116300000 2014031116320000 2014031116330000

3月11日。震災から3年、そして本日、私達は八十八ケ所結願を成し遂げました。

震災の年に出発予定だったこの度のお遍路の旅が無事終えた事に感謝すると共に震災で亡くなられた方々に心よりお悔やみ申し上げます。
本日の83番から88番は東電原発、被災地復興、被災者支援、東北地方の経済…問題は山積みですが1日も早い解決と世界平和を祈念致しました。

高松市で迎えた朝は晴天で瀬戸内海の美しい景色を見ることが出来ました。

だんだんと札所が減るに連れて嬉しさと淋しさが混じりあい複雑な心境でした。最後の八十八番大窪寺で結願証明書を頂き、お世話になったドライバーさんから「3年間お疲れ様でした」と労ってもらったときには、目頭が熱くなりました…
さて、明日は高野山へと向かいます。2014031116310000

DCIM0117

阿部

ページトップへ